ドチザメ 日立市の海水浴場に現れる。現在の安全性は?

茨城県日立市の久慈市海水浴場に7月19日午前10時ごろ、サメおよそ30匹が現れた

  そのうち数匹を捕獲して、水族館の職員が調べたところドチザメと判明した。   このサメは全長が最大で1.5メートルほどで、 人を襲うことのないおとなしい種類だそうで 比較的水深の浅いところを好み、海底を泳ぐのが特徴らしい。 飼育もしやすいため全国の水族館で一般的に見られるサメだそうです。   久慈浜海水浴場は7月15日に海開きしましたが、 海水温が低く遊泳禁止となっていて、サメが現れたときは ほとんど海水浴客はいなかったそうです 日立市は、ドチザメが現れた翌日20日は安全確認のため遊泳禁止として サメの侵入を防ぐ網を貼るなどしての対策を検討しているそうで、 翌日以降は安全確認をした上で開場するかどうかの判断をするということです。   茨城県も22日以降、休日を中心に防災ヘリコプターで県内の海岸を巡視する方針だそうです   県観光物産課は、テレビの取材に対し「海水浴客の安全には万全の体制をとっているので安心して利用してほしい」と話したそうです 第一発見者は海水浴場に遊びに来ていた海水浴客だそうで その通報を受けて茨城県警のヘリコプターが上空から捜索したところ 正午ごろに約30匹が泳いでいるのが見つかり 午後2時40分ごろには、いなくなっていたそうです ドチザメの生態は、人を襲うことのない大人しい性格と言う事ですが   やはりルックスがサメである以上もし海水浴場に海水浴客が 大勢いた場合、結構なパニックになっていたのではないでしょうか?   実際に1.5メートルもの大きな魚が海水浴場に30匹も現れたらそれがたとえ冷めてなかったとしても怖いですよね?   それにしても怪我人など一切出ることはなかったそうなので 良かったです。   皆さんもこれから海に行く方は十分に注意してくださいね。    
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク