市川紗椰の驚くべき経歴!野島卓アナとの熱愛はショーンKのお陰?!結婚や別の本命の噂は?

モデルとしてだけではなく

「ユアタイム」でニュースキャスターとして

も活躍している市川紗椰さん。

最近はタレントとしても活動していますね。

そんな市川紗椰さんの学歴が凄いんだそうです!

熱愛の噂が出た野島卓アナウンサーとの結婚についてや、別に本命がいるとの噂も検証

合わせて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

【市川紗椰さんのプロフィール】

名前:市川紗椰(いちかわさや)

本名:シュック・市川紗椰・ジェニファ

生年月日:1987年2月14日

出身地:愛知県名古屋市

血液型:A型

身長:168㎝

スリーサイズ:85-55-82

所属事務所:スーパーコンチネンタル&ヌーデ

50代のニューヒーロー野島卓アナとは?

名前    野島卓(のじまたかし)

生年月日  1967年1月3日

出身地   神奈川県川崎市

血液型   B型

最終学歴  早稲田大学社会科学部

部署    編成局アナウンス室デスク担当部長

さすがの高学歴ですね

現在はユアタイム でニュースを担当していて

八木亜希子アナウンサーと

秋元優里アナウンサーと二股交際が噂され、

その後、ニューヨークへ左遷されていたという噂がありましたね

なかなかの肉食系ですよね

最近の若い世代の男性にもこれくらいの勢いがほしいですね

二股は駄目ですけどね。

野島アナは女癖が少し悪いみたいで

週刊誌などでバツ2やバツ1と言われていますが

真相はわかりませんでした。

【市川紗椰さんの学歴とは?】

父がネイティブアメリカン・チェロキー族の

血を引いたアメリカ人

母は日本人でハーフの市川紗椰さん。

4歳から13歳まではアメリカのデトロイトで

育ったんだそう。

最終学歴は一浪して早稲田大学政治経済学部

ですが

それ以前に、コロンビア大学やニューヨーク

大学に

合格していたんだそうです。

コロンビア大学といえば世界の

大学偏差値ランク8位!

早稲田大学の政治経済学部でも

偏差値は67程です。

しかし、コロンビア大学へ合格した頃は

モデルの仕事が多忙になってきたため

日本に残ることを決め、一浪して早稲田大学

を受験したんだとか。

才色兼備とは、

まさに市川紗椰さんの為にある言葉ですね。

【市川紗椰さんは共演の野島卓アナと半同棲中!?】

2017年8月発売の週刊誌に交際を報じられた

市川紗椰さんとフジテレビアナウンサーの

野島卓アナ。

何と年の差は20歳!

これには市川紗椰さんのファンも驚いたでしょう。

しかもこの2人は「ユアタイム」での共演者同士。

既に野島卓アナの自宅で

週のうちのほとんどを過ごしている

半同棲状態なんだとか。

放送終了後も野島アナの車の助手席に

市川紗椰さんが乗っていたという話も。

実はこの熱愛の裏には陰の立役者がいたというのです。

それが経歴詐称問題で話題になったショーンKさん。

元々「ユアタイム」の出演が決まっていたのですが

降板することになり、市川紗椰さんが抜擢されたんだそう。

この出会いが熱愛に発展したと言われています。

市川紗椰さんの好みのタイプは

「太った人が好き」など

ちょっと変わったタイプの持ち主。

年齢がそれだけ離れたおじさんでも、

ストライクゾーンだった訳です。

しかし「ユアタイム」も9月いっぱいで

打ち切りが決定。

今後は得意の「鉄道オタク」を披露して

「タモリクラブ」に出演するのではないか?

と言われています。

今回の熱愛報道が、

次の仕事に影響を与えないと良いですけどね。

結婚は間近?市川紗椰さんに別の本命がいるという噂も

 
 
 
実は、”市川の本命は野島さんではない”という噂があり
 
二人がゴールインするなんて事はありえない
 
とも言われています
 
市川紗椰さんには実は、
 
別の本命男性がいるという
 
芸能関係の裏方の仕事をしている
 
年上男性だそうで
 
本命の存在は野島さんもしっているらしいです
 
男女の関係って難しいですよね。
 

【まとめ】

今回はニュースキャスターとして

「ユアタイム」のメインMCを務める市川紗椰

さんについて調べてみました。

とっても賢い方だったんですね、驚きました。

コロンビア大学に入学していれば

もっと違う道を選んでいたのかもしれませんね。

現在、日本で仕事があるので結果オーライでしょうけど。

野島卓アナとの熱愛には驚かされました。

共演している2人を、どう観れば良いのか困惑しますね。

しかし、交際が事実なら温かく見守っていく

しかないでしょうね。

今後の2人の動向は要チェックです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク