キャラ崩壊!香川照之の昆虫愛が凄すぎ!生い立ちや経歴は?

現在不定期に放送している

「香川照之の昆虫すごいぜ!」が

話題を呼んでいますね。


普段の役柄とのギャップが大きい

「カマキリ先生」

に扮した香川照之さんの生き生きした姿が面白すぎます

今回はそんな香川照之さんに

スポットを当てていきたいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール

本名   香川 照之

別名義 九代目 市川中車

生年月日 1965年12月7日(51歳)

東京都 出身

身長 171センチ(168センチ説あり)

血液型 AB型

俳優、歌舞伎役者、ボクシング解説者として活躍中

事務所 ロータス・ルーツ所属

経歴


1989年にNHK大河ドラマ「春日局」で

俳優デビュー後、

ドラマや映画に多数出演し、

近年ではドラマ『半沢直樹』で演じた

大和田常務がとても印象的で

その顔芸?とも言われる

迫真の演技には誰もが魅了されたのではないでしょうか?

とても普通の役者に真似できるような

ものではないので

まさに唯一無二の俳優さんといったとこでしょう。

複雑な生い立ち


父に歌舞伎役者の二代目市川猿翁、

母に元宝塚歌劇団雪組主演娘役で

女優の浜木綿子を持つ恵まれた環境になるハズでしたが、

1968年に両親が離婚。


以降、母に引き取られ女手一つで育てられました。

両親の離婚以降、

父との関わりがありませんでしたが、

25歳の時に父の公演先に行って

面会を望んだが拒否されます。

その後、しばらく確執がありましたが、

香川に息子が誕生したことがきっかけで

関係が修復しました。

俳優業の傍ら、

2011年に香川が九代目 市川中車を襲名して、

歌舞伎役者としての活動も始まります。


現在も、

歌舞伎の稽古は父につけてもらっているなど、

良好な関係を築いています。

カマキリ先生とは?


香川自身が大の昆虫好きだったこともあり、

Eテレの「香川照之の昆虫すごいぜ!」では

昆虫の生態について紹介をしています。


その際、

香川はカマキリの着ぐるみを着用し、

「かまきり先生」に扮して話題になりました。


香川さんは、「これが私の代表作です」と周囲に語っています。

恐らくはこの番組で見せている姿が

香川さんの本当の姿なのかもしれませんね。

まとめ

香川さんはこれからのテレビ業界には無くてはならない存在ですので、

今後の活動にも注目ですね

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク