田村淳の学部はどこ?青山学院大学受験は政治家転身への布石?

9月23日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは

AbemaTVで放送された15分間の生放送番組

『田村淳(ロンドンブーツ1号2号)緊急重大発表・生放送』に出演

AbemaTVの公式Twitterでは、

「あの ロンドンブーツ1号2号の田村淳 が生番組で緊急重大発表!人生を賭けて大きな決断をします。それを生放送で発表させて頂きます」

と放送の中に重大な発表があることを告知しました。

今回はその真相や今後の活動について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

AbemaTVで重大発表の告知ファンの反応は?

AbemaTVでの発表を受けて

ファンの間では

「政界進出するのでは?」

「引退か?」

など、様々な憶測が飛びかっていました。

以前から政界進出のオファーがあったという

噂もあり、一度は否定していた政界に

ついに参入かと思われました。

田村淳人生をかけた重大発表!その詳細とは?

田村さんは同番組内にて

「皆様にとっては重大発表かはわかりませんが、僕の人生にとっては重大発表」

と前置きし、

「来年の春に、本気で青山学院大学への受験合格を目指します」と宣言した。

田村は小学生の頃こそ足も速く勉強もできたそうですが、

中学以降は異性への興味が勝り

勉強がおろそかになってしまったんだそうです。

中学2年生の頃に英検4級を学年全体で受けたときも、

学年で2人だけ落ちてしまったのだそう。

そこから田村淳さんは

英語の勉強に苦手意識を持つようになり放棄してしまい、

地元の工業高校に進み、

友人たちと楽しい日々を過ごしていたそうですが

「全く勉強をしない学生時代になってしまいました」と振りかえりました。

僕自身も学生時代部活に夢中になり、

勉強をおろそかにしてしまい、

田村淳さんと同じように英語が特に苦手でした。

僕も、過去に部活漬けの毎日の中でも勉強をしっかりしておけばと

よく後悔をしてしまいます。

今、青山学院大学を受験する理由

番組内で田村さんは

受験を志した理由について、

「知識とか学力とかいうものにコンプレックスを抱いていたんだと思います。もうすぐ44歳になるんですが、勉強したいという意欲がとても湧いてきて。そのことを方々で言っていたら、AbemaTVが『じゃあ大学受験をしてみないか』と声をかけてくれた」と話し、

受験を決めた理由は学歴コンプレックスだったそうです。

わかる!

とてもわかりますその気持ち!!

何を隠そう僕も高校の偏差値は45でした!

社会人になり、働いて様々な人と出会うたびに

何も知らない自分に嫌気が差します。

まあ学生時代、単純に他の人より

努力していなかっただけなので自業自得ですが・・・

ではなぜ数ある大学の中で青山学院大学を受験するのか?

田村さんは、青山学院大学に対して強い憧れがあるそうで、

番組では

「東京に来てすぐに住んだ場所が原宿だった。18歳の頃にバイトをしていたら、バイト先に青学生がよく来ていて、同い年の青学生を見て、ファッションセンスもあって頭も良くて……なんてキラキラした人たちなんだと思っていた。なので、あのとき憧れだった青学を目指すことになった。東京のど真ん中にある憧れの大学」

と理由について話していました。

受験まではすでに100日を切っていることもあり、

「大学受験が決まってからお酒をやめて、朝型の生活に変わりました。朝の8時に起きて勉強しております」と話していて、

すでに生活スタイルを変え、

受験勉強に集中できる環境づくりを

されているそうです。

その中で鼻ニキビに悩まされていて

しかも鼻の中にも2つできたそうです

とても痛そうですよね

僕にも鼻ニキビに悩まされた経験があるので

久々の受験勉強はやはり過酷なんでしょうね?

大学受験は政治家転身のために与えられた課題!?

幾度となく政治家転身が囁かれていた

田村淳さんですが、

これはあくまで個人的な意見なのですが、

実は青山学院大学受験は

その後に政治家になるための基礎学力を

身につけるためではないか?

とも取れる気がします。

もちろん受験する学部にもよりますが、

田村淳さんは情報番組などにも出演していて

世の中の経済などの一般教養は

おそらく申し分ないかと思います。

ですが、いざ政治家となったとき

その様々な経済状況などを

ある程度数字としても理解する必要があるのではないでしょうか?

そのようなことから

今回の大学受験という新たな挑戦をして

その後の進路に政治家デビュー

という未来を描いている可能性も

ゼロではありませんよね?

もしかしたら政治家としての

田村淳を誕生させるために、誰かが課した

課題ではないのか?

などとも思ってしまいます。

まさかそんな事はないですよね?

でも今後の受験する学部にも注目です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

今回は学歴コンプレックスから青山学院大学に

入学するために、受験を決意した

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんについて

お話しましたが、

「合格したら絶対に学位を取って卒業する」

と意気込みをかけていました。

そんな田村さんの気になる今後の受験勉強についての様子は

AbemaTVで10月14日(土)からスタートする

『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線〜学歴リベンジ〜』

で放送していくそうです。

楽しみですね。

これを観た視聴者からは「自分も大学に行きたいなと最近になってよく思う」

「頑張ってほしい」と共感や応援する声がある一方で、

「田村淳100日で青学って無理すぎちゃう」

などと合格は難しいのではないかと

懸念する声も上がっているそうです。

卒業後の活動にもとても興味がありますが

どちらにしても

僕自身大学受験を諦めた人ですので、

ぜひ田村さんには合格していただきたいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク